クマのプーさん

クマのプーさんの物語が好きです。


作者の息子さんが可愛がっていたテディベアの動物たちが

このお話のモデルになったと言われています。


その実在する縫いさんたちは、

「ニューヨーク公立図書館」に住んで(?)いました!

(カンガルーの子供 ルーは行方不明との事です。)




とてもラッキーなことに

東京の「国際こども図書館」に

貸し出し出張中の

プーさんたちの展示も

偶然見ることができましたので

(何年前か失念!)

二度も会えました。

感慨深いです。


ニューヨークと日本。

双方とも図書館の建物として

見ごたえがあり、

感動したのは

言うまでもありません。

最新記事

すべて表示