イングリッシュマフィン

イングリッシュマフィンが

好きな色あいで焼き上がると

テンションアップします。


型に蓋をするので

焼き上がり時間まで様子が見られません。


何度も温度設定と焼き時間を変更し

繰り返し修行する事になります。


使う小麦粉の種類や

その日の温度や湿度により

発酵具合が変わりますし

奥が深く楽しいです



最新記事

すべて表示

千葉産の落花生が手に入りましたので ピーナッツバターを作ってみました。 油やお砂糖の量を好みに調整できるのが嬉しいです。 パンのお供はもちろんの事 茹でたほうれん草やにんじんで ピーナッツあえも美味しそうです。